電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 留萌稚貝は出荷量2~3割低下

新聞記事

留萌稚貝は出荷量2~3割低下

2021年04月12日

取り出し作業(5日、臼谷漁港)


 留萌管内4単協(増毛・新星マリン・北るもい・遠別漁協)で、地まき用稚貝の出荷作業が始まった。シケ休みは少なく出荷ペースは順調だが、例年にない成長不足と生残率の低下で、計画粒数に対する出荷量は7~8割にとどまる見込み。各単協とも成長のもうひと伸びに期待を寄せている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る