電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 重茂漁協磯焼対策 「海藻くん」など新手法

新聞記事

重茂漁協磯焼対策 「海藻くん」など新手法

2019年04月15日


 スポアバッグ、投餌、海藻くん、モアシス──。岩手県宮古市の重茂漁協(山崎義広組合長)はこれらさまざまな手法で磯焼け対策に挑む。コンブなどの海藻が大幅に減り、海藻を餌にするアワビやウニの身入りが低下したためだ。人工的に海を以前の状態に戻し組合員の収入確保を狙う。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る