電子版 電子版サンプル

HOME > 森を守り海を豊かに 本紙100年キャンペーン

森を守り海を豊かに 本紙100年キャンペーン

道漁村振興協に寄付/キャンペーン展開の水産新聞社

 「100年キャンペーン・森を守り海を豊かに」を本紙面で展開する(株)水産新聞社(永原巻鋭社長)は5月26日、道女性連中心に全道各浜で推進する植樹運動に役立ててもらうため、公益財団法人北海道漁村振興協会(川崎一好会長)に30万円を寄付しました。
 本紙は、各地で展開される「お魚殖やす植樹運動」をはじめ、魚にやさしい河川の復元などを応援しようと、平成13年3月にキャンペーンを開始。水産関連各企業・団体から協賛広告をいただいて、毎月1回のペースで掲載しています。今回、その掲載料の一部を寄付させていただきました。
 協賛企業・団体(平成27年6月~28年5月)=(株)土肥富、(株)永楽、バッセル化学(株)、北海道農材工業(株)、山﨑林業(株)、北海道漁業協同組合連合会

21世紀は環境の世紀。20世紀の機械文明を実現させた合理思想は、人類繁栄と幸福をもたらしました。しかし、その反面、環境汚染や自然破壊を引き起こし、人知の限界を知らしめるとともに、人類に深い反省を迫りました。

 海産資源は、豊かな森と川によって育てられます。しかし、20世紀の文明は、森林を伐採し、川をコンクリートに護岸で直線に改修しました。

 森と海(水産資源)には密接な関係があり、保水力のある広葉樹林が栄養豊かな水を蓄え、それを河川をつうじて海に運び、魚介類を育むのです。ところが、広葉樹林が伐採され、保水力の薄い針葉樹林が植林されたことで、この自然のシステムが崩れる結果となりました。

 危機感を抱く北海道の漁協婦人部を先頭に、10年ほど前から植樹運動「漁民の森」づくりが展開されるなど、環境を守る取り組みが全国各地で活発化しています。

 ただ、遅々とした樹木の成長に象徴されるように、自然を守り回復させる運動は50年、100年単位の息の長いものであります。そこで本紙は、環境の世紀の始まりにあたり、100年キャンペーン「森を守り海を豊かに」を展開します。機会あるごとに森づくりや、魚にやさしい河川の復元、そして沿岸部の保全など、環境問題を紙面で取り上げ、運動を盛り上げます。(2001年3月19日)

 2016年5月26日、道女性連中心に全道各浜で推進する植樹運動に役立ててもらうため、公益財団法人北海道漁村振興協会(川崎一好会長)に30万円を寄付しました。

これまでの協賛企業・団体
(株)イシトヤ/(社)海と渚環境美化推進機構/(株)NSニッセイ/岡本漁網(株)/えりも町/えりも町漁業協同組合/(株)エルコム/(株)小樽海洋水産/釧路市漁業協同組合/(株)国際貿易/佐々木商工(株)/(株)札幌中一/(有)佐吉/札幌ネポン販売(株)/(株)サンタック/庶野漁業協同組合/神漁網(株)/(有)菅原海洋開発工業/積水化学北海道(株)/(株)大丸大橋商店/TBR(株)/拓殖工業(株)/玉井化成(株)/(株)東北総合研究社/東レ(株)産業資材課/(株)東和電機製作所/(株)土肥富/日鐵建材工業(株)/日本無線(株)北海道支社/日本データーサービス(株)/日新興業(株)札幌営業所/根室スチレン(株)/浜中漁業協同組合/(株)ばんけいリサイクルセンター/環境土木(株)ビオトープ工法会/(株)早坂組庶野事業所/日高定置漁業者組合/ひだか南森林組合/(株)日立ハウステック東日本北海道支店/フジクリーン工業(株)/古野電気(株)/(株)フィッシャーマンズコンサルタント/(株)ホクハイ/北海道富士電機(株)/(社)北海道さけ・ます増殖事業協会/北海道森林組合連合会/(有)北海道レオナード/(有)松井商会/(株)マサキ・エンヴェック/(有)マルカツ藤谷水産/(有)丸伝水産/(株)宮田環境石材/(株)南組/桃井製網(株)札幌営業所/(株)ヤマイ/安田建設(株)/山崎林業/(株)陸冷/(有)利尻屋みのや

このページのTOPへ戻る