電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道

新聞記事

北海道一覧

掲載日:2019.03.25

大消費地イベントでマツカワ消費拡大を/えりも以西栽培漁業推進協議会


 えりも以西栽培漁業推進協議会のマツカワ魚価対策プロジェクトチームは19日、札幌の第二水産ビルで平成30年度第2回本会議を開いた。過去最大規模で実施した昨秋の消費拡大イベントは提供食数が前年の2倍だったことなどを報告。次年度以降は春期や東京圏など大消費地でのイベント開催を目指す方向性を示した。ブランド「王鰈」はロゴの作成を進めていく。


掲載日:2019.03.25

ネコアシ 手削りおぼろなど で 6次化に取り組む


 浜中漁協で45年以上コンブ漁に着業する和田英雄さん(67)は、自ら採取したナガやアツバ、ネコアシ、さお前といった各銘柄で6次産業化にも取り組んでいる。中でもネコアシへのこだわりが強く幅広く商品展開、手削りのおぼろが看板だ。「昆布商品は全て無添加。健康にも良い」とPRする。


掲載日:2019.03.25

瀬棚サクラマス好調

サクラマスの荷揚げ作業(15日、須築漁港)


 ひやま漁協瀬棚地区のサクラマス釣り漁が好調だ。数量・金額ともに前年同期を大きく上回っている。2月20日ごろから漁が本格化。2月20日~3月15日の尾数は前年同期比2.7倍の5035尾、数量は同3.4倍の4203キロ、金額は同4.6倍の288万1460円、キロ平均単価は同36%高の686円。


掲載日:2019.03.25

生育環境整備で稚ナマコ増大を/矢口港湾建設


 港湾建築や潜水調査の矢口港湾建設(株)(北斗市七重浜8丁目、電話0138・49・1840)はナマコの増殖に力を入れている。関連会社の潜水請負業・ヤグチダイバー(株)で蓄積した独自調査の結果をもとに稚ナマコの生育環境を整備。成長を促進させる特殊な餌と飼育礁を設置して放流後の生残率を高める。


掲載日:2019.03.25

半成貝成育良好見込み/陸奥湾2019年度計画案

昨年5月の半成貝出荷作業


 青森県陸奥湾の2019年度ホタテ水揚げ計画(案)について、県漁連は7万3千トンを見込んでいる。このうち成育の順調な半成貝は4万8千トンで、18年度計画より3千トン多く試算。4月1日から出荷される見通し。3月28日には第1回半成貝入札を予定しており、その価格帯に注目が集まっている。


掲載日:2019.03.25

浜中漁協養殖ウニ出荷再開


 浜中漁協の養殖ウニの出荷が15日に再開した。同日は数量315キロで、キロ5500円の好値を付けた。今後は週2回のペースで、4月上旬ごろまで出荷していく。


掲載日:2019.03.25

稚内漁協ナマコ好値4000円発進

稚内漁協のナマコ


 稚内漁協のナマコけた引が15日に始まった。初日、2日目はいずれも日産4トン程度。18日以降はシケ休みが続いたが、1隻100キロ程度と前年同期並みのスタートを切った。浜値はキロ平均4千円と好値を付けている。


掲載日:2019.03.25

しんやの「北海道プレミアム」

新カテゴリーの「素材」 商品


 北見市常呂の(株)しんや(新谷有規社長、電話0152・54・2181)は、北海道産食材に特化した「北海道プレミアム」シリーズで、生食用中心に「素材」のカテゴリーを新たに打ち出した。特に本州市場をターゲットに即食、個食などの需要に対応。消費者の食嗜好を幅広くとらえ、販売拡大に臨んでいく。


掲載日:2019.03.18

浜中町NPOが散布産養殖ウニを味わうツアーを開始

火散布沼で行う散布漁協のウニ養殖





 NPO法人霧多布湿原ナショナルトラストは、浜中町散布産の養殖バフンウニを味わえる「冬のウニツアー」を開始した。ウニの殻むき、ネコアシコンブを使ったおぼろ削りも体験できる。トラストの田村正雄さんは「ぜひ多くの人に浜中に足を運んでもらい、おいしいウニを食べてもらいたい」とPRする。


掲載日:2019.03.18

浜中漁協アツバ養殖50年近い歴史


 浜中漁協では約10軒がアツバ養殖に取り組んでいる。毎年秋に沈めたロープに天然胞子が付着、約2年後の水揚げ時期まで間引きはせずに成長させる。着業者は「あくまでも天然採取がメインで、その合間を見て水揚げする」と話す。同漁協によると、1972年から取り組む。


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る