電子版 電子版サンプル

HOME > 2018年 > 5月

新聞記事

2018年5月の記事一覧

掲載日:2018.05.14

北斗のソネ食品 イカ代替 ブリに照準

函館・道南産ブリ商品の第一弾「鰤燻」

 北斗市の珍味メーカー・ソネ食品株式会社(水山康平社長、電話0138・49・4662)は、函館・道南産のブリを使った商品展開に乗り出した。第一弾で薫製を4月に発売。主力のスルメイカの不振が続き、加工業界は原料不足が深刻。「他社も参入し、『いかのまち』に次ぐ『ぶりのまち』として盛り上げることができれば」と、その先導を切っている。


掲載日:2018.05.14

伯東商事 北海道進出2年で手応え

 2016年8月、売りに出されていた稚内の水産加工場を取得し、北海道に進出した伯東商事株式会社(千葉県長生郡長生村)。始動して1年半ほどだが、工場は活カニの出荷でフル稼働の状態まで達しているという。堀井康晴社長は「豊富な資源もさることながら、現場指揮官が優秀。それに追従するスタッフもレベルが高い」と評価。「道北、そして北海道ではまだ可能性を秘めている。むしろ、これで満足してはいけない」と語り、いっそうの投資に出る構えを示している。


掲載日:2018.05.14

北海道農材工業のミズダコ産卵礁 奥尻沖で効果発揮

 北海道農材工業株式会社(札幌市、電話011・716・3291)が製造販売するミズダコ産卵用の単体礁が奥尻島沖で効果を発揮している。実証試験で1年間漁場に投入した17基を引き揚げたところ、14基にタコが入礁。このうち1基は産卵も確認され、本格的な増殖事業に発展している。


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る