電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手県重茂のアワビ 年10トンずつ減産に危機感

新聞記事

岩手県重茂のアワビ 年10トンずつ減産に危機感

2018年01月22日

コンブの母藻と石を入れ漁場に沈設されたスポアバッグ

 岩手県一のアワビ水揚げとなる宮古市の重茂漁協は昨年11、12月の今季、2号品含め17トンと低迷した。2季続けて10トンずつ減らし、危機感を強める。餌海藻の不足を大きな要因とみて対策に全力。ワカメなどの給餌に加え、コンブ増殖で「スポアバッグ」「海中林」という新手法に乗り出した。全県的な一段の減産で資源懸念が深まる中、注目、期待される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る