電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城種ガキ 鳴瀬、渡波で好付着

新聞記事

宮城種ガキ 鳴瀬、渡波で好付着

2017年08月14日

付着原盤がびっしり下がる仮殖棚

 宮城県のカキ採苗は10日まで、松島湾の鳴瀬地区などと石巻湾の渡波地区から荻浜湾まではおおむね良好な付着、牡鹿半島の狐崎~小渕地区は原盤を投入できないでいる。販売用の生産が多い渡波と鳴瀬は厚種主体に十分に供給できる見通しだが、狐崎~小渕の動向によっては県外向けに影響が及ぶ可能性がある。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る