電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 広島県尾道の味昆 HACCP認証を取得

新聞記事

広島県尾道の味昆 HACCP認証を取得

2017年08月14日

HACCP認証取得を見越して建設した味昆の工場と倉庫

 【尾道】業務用昆布を中心に加工販売する株式会社味昆(広島県尾道市、山本哲治社長、電話0848・56・1445)は5月末、昆布の粒や粉末、スライス・パン切りの刻み(ウエット・ドライ)といったほぼ全製品を対象に大日本水産会の「水産食品加工施設HACCP認定制度」認証を取得した。衛生管理や防虫対策を徹底するなど認証取得を見越して建設した第1・第2工場、低温倉庫をベースに、チェック体制を細分化するなどソフト面も強化。高品質で安全・安心な各種製品を供給していく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る