電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 三陸ホタテ激減 移入貝死滅に貝毒が拍車

新聞記事

三陸ホタテ激減 移入貝死滅に貝毒が拍車

2019年04月15日


 三陸産ホタテの減産が止まらない。宮城県漁協と岩手県漁連の昨年度共販実績がまとまり、それぞれ2706トン、1770トンとなった。前年度比は宮城64%、岩手69%。両県の生産が安定した1995年以降では大震災直後を除けば最低となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る